ファイトネス代表 大山峻護さんとの対談インタビュー

 

大山 峻護

日本で初めて格闘技を企業研修に導入。ストレス解消、チームビルディング、メンタルタフネス強化効果がある。格闘家引退後、次のキャリアを模索中に企業に従業員のストレスチェック制度が始まることを知り、自らのトレーニングコンテンツが役立つと思い格闘技企業研修ファイトネスを始める。格闘家の引退後のセカンドキャリアが確立していくことが願い。

 
ファイトネスのホームページはこちら
http://shungooyama.spo-sta.com/

一覧へ戻る